元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 | 学習障害 | 不登校 | ニート |

大人になってからのLD

やる気を育てる「中学ポピー」まずは資料請求   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

学習障害
大人になってからのLD

小学生の読み書きスクリーニング検査―発達性読み書き障害(発達性dyslexia)検出のために

小学生の読み書きスクリーニング検査―発達性読み書き障害(発達性dyslexia)検出のために

  • 作者: 宇野 彰
  • 出版社/メーカー: インテルナ出版
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: 大型本


学習障害は子供に限ったことではありません。
実は大人も学習障害になるのです。
あるいは、子供の頃からずっとそうであるのに、それを知らずに悩みながら大人になってしまった人もいらっしゃるかもしれません。
最近、その研究がされ、少し社会に認知されるにつれ、「私も実は学習障害なのではないか?」と思う大人が増えています。

彼らは、仕事の上でも何かにつまずいたり、人間関係のトラブルに巻き込まれたりしている場合があります。
それらが学習障害と認識されていないので、自分は無能である、仕事で通用しない、などと自己嫌悪に陥り、二次的症状を引き起こすことがあります。
二次的症状とは、対人恐怖になったり、不眠症になったり、あるいは転職を繰り返す、就職できずにニートとなる、引きこもりになる、うつ病になる、などです。
あるいはそこまで至らないにせよ、何か苦しい状況に追い込まれている大人も少なくありません。

もし学習障害を疑うような場合は、専門家に意見を求めましょう。
素人が安易に判断するのはやめましょう。

難しいのは、大人になると、それを認めるのが困難になるということです。
ひょっとして、と思いつつも、「自分は違う」と言って欲しいがゆえに意見を求めている、あるいはこういう回答が欲しいというのがあってそれに沿った診断でないと受け入れられない、など、大人の診断は子供より難しいものになります。
家族に言ってほしくないという人も見受けられます。

学習障害ゆえに、社会的生活に困難を伴っているのであれば、まずはそれを受け入れ、そこから解決する方法を専門家とともに探していきましょう。
自分が苦手とする部分を認識しなければ、それを克服することは決してできません。


 
posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 17:26 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職先を決める時

就職先を決める時
学びの細道学校教育 塾 習い事

ササッとわかる最新「LD(学習障害)」の子育て法 (図解 大安心シリーズ)

ササッとわかる最新「LD(学習障害)」の子育て法 (図解 大安心シリーズ)

  • 作者: 上野 一彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/05/30
  • メディア: 単行本


学習障害を持つ生徒が就職先を決める時に重要となってくるのは、その仕事内容です。
学習障害は、困難な部分が人それぞれ異なります。
その生徒が、どの部分が困難であるのか、それを使わなくても良い仕事なのか、得意な部分を有効に活用できる職場なのかを調べる必要があります。
また、就職の面接の際、学習障害を隠したがる人がいるかもしれません。
就職に支障がないのならば言わなくてもいいのではないか、差別を受けたくない、などの意識が働くことがあります。
しかし、それを隠したまま就職した場合に、長い間一緒の職場で働いている仲間に「何かおかしい」と思わせてしまうかもしれません。
「さぼっているのではないか?」「怠けているのではないか?」「わざと失敗しているのではないか?」などと思われ、他の人々にきつく当たられ、職場にいにくくなる、などという悪循環に陥ってしまうかもしれません。
また、のちのち学習障害によって仕事に支障が出た場合、「なぜ面接の時に伝えなかったのか?」と責められるようなことになりかねません。
そういったことのないように、やはり就職の面接時にはきちんと伝えておくべきでしょう。
自分は何が苦手である、しかし何ならば誰にも負けない、といったようなメリットをアピールしましょう。
それをわかった上で採用する会社は、その先働くのに申し分ないでしょう。
そのような会社であれば、得意な分野の仕事内容を任せてもらうことも可能でしょう。
面接の段階で、学習障害への理解を示してもらえない会社では、せっかく就職してもその先長く勤められるかわかりません。
何度も違う会社に入社を繰り返すことは、学習障害のある人にとってはとても辛いものです。
就職先を決める際には、慎重に調べましょう。
日本ではまだまだ理解が少ないので、就職先を見つけることが困難に思われるかもしれません。
しかし、あきらめないでください。
学校時代では想像しなかったような可能性が、学習障害を持つ人に眠っている場合が少なくありませんから。

特別支援教育ソフトウェアvol.1 「しっかり見よう」

特別支援教育ソフトウェアvol.1 「しっかり見よう」

  • 出版社/メーカー: 理学館
  • メディア: CD-ROM






posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 18:25 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LD親の会への参加

子ども英会話・無料サンプルビデオ(DVD)プレゼント中。  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

学習障害
LD親の会への参加
学びの細道 学校教育 塾 習い事

学習障害を持つ子の親は、孤独に陥りがちです。
周りに理解してくれる人が少ないからです。

そういった親達のために設立されている、「全国LD(学習障害)親の会」があります。
1990年に設立され、現在は34都道府県の44団体が加入しています。

「LD親の会」は、
1、LDの早期発見、早期療育を実現するために関係機関等への働きかけ
2、LD理解を求めて有識者やマスコミへの社会的啓発活動
3、機関紙による各地の親の会との情報交換
などの活動をしています。


こういったLD親の会は、全国各地に設置され、会員は増加しております。
また、講演なども多数行われております。

LD親の会では、設立支援を行っております。
活動方法の相談、設立イベントに一流講師の派遣なども行っております。
また、活動中の会には、他の会の活動状況を知らせたり最新の状況の提供等もしたりしています。

学習障害児の親は、どうしても孤独になりがちで、ひとり悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。
そういった方達が、お互い助け合い、よりよい道を模索していくために必要な会です。
ひとりひとりの力は小さくても、全国で集まれば大きな力を発揮できます。
全国での理解が広まり、その輪は広まっていくことでしょう。

また、他にもこんなに悩んでいる人がいる、ということを知り、自分だけではないんだ、と救われる人もいらっしゃるかもしれません。
学校や病院、関係機関等への対応で泣き寝入りされている方も、ここで相談することができるかもしれません。

思い切って一歩を踏み出してみてください。
その一歩一歩が集まれば、大きな歩みとなっていくことでしょう。

学習障害(LD)及びその周辺の子どもたち―特性に対する対応を考える

学習障害(LD)及びその周辺の子どもたち―特性に対する対応を考える

  • 作者: 尾崎 洋一郎
  • 出版社/メーカー: 同成社
  • 発売日: 2000/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 09:02 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

中学受験専門プロ家庭教師の中学受験家庭教師ドクター

塾と家庭教師のいいトコ取り!家庭教師のあすなろで成績アップ!
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院| |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。