元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 | 学習障害 | 不登校 | ニート |

不登校

不登校の克服「不登校の原因と対応策」

教育改革 中学生の不登校 過去最大に
教育改革 不登校のきっかけ
教育改革 家庭生活における不登校の原因
教育改革 不登校のきっかけ(本人)
教育改革 不登校の子供に接する場合
教育改革 不登校克服 プレッシャーを与えない
教育改革 不登校克服法
教育改革 不登校克服 好き勝手にさせない
教育改革 不登校克服 失敗を繰り返させない
教育改革 不登校の克服の仕方
教育改革 不登校や登校拒否
教育改革 不登校の生徒に対する対応
教育改革 不登校に関すること
教育改革 不登校に関すること(友達)
教育改革 不登校の原因(学校)
教育改革 不登校の原因(病気)
教育改革 不登校の原因(家庭)
教育改革 不登校の種類
教育改革 不登校の原因と対処
教育改革 不登校のケース(小学生@)
教育改革 不登校のケース(小学生A)
教育改革 不登校を克服(小学生など)
教育改革 不登校対応の落とし穴
教育改革 不登校タイプ別 (心身症)
教育改革 心身症の不登校に対するアドバイス
教育改革 不登校タイプ別(いじめ)
教育改革 いじめの不登校に対するアドバイス
教育改革 不登校タイプ別(対人恐怖症・緊張症)
教育改革 対人恐怖症・緊張症の不登校に対するアドバイス
教育改革 不登校 明るい不登校
教育改革 不登校 明るい不登校の対応策

posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 19:01 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の子供に接する場合

学校教育 塾 習い事 不登校
不登校の子供に接する場合

位置情報不登校の子供に接するときにまず注意しなければならないのが、その子供が学校に行きたくなくて不登校になっているのか、学校に行けなくて不登校になっているのか、今の状況を見極めることだと思います。

例えば、子供本人が学校に行きたくないという意思を伝えている場合は、本人の中で不登校の原因というのがある程度見えている場合に発せられる言葉だと思います。
だからと言ってすぐにその原因を打ち明けてくれるかというのは分かりません。いじめなど言いたくない問題の場合もありますから。

いじめというのは本当に難しい問題で、自分がいじめられているということは人にはかなり言いたくない事みたいなのです。
一人で抱え込んでしまうケースも多く、最悪の場合は自殺してしまうというケースもここ数年で何件も起きています。
自殺して初めて親は子供がいじめにあっていたという事実を遺書か日記などで知ることになるということなのです。

次に学校に行けないと言っている場合ですが、前の日の夜までは学校にいくつもりで支度などをしているのですが、当日朝になると頭が痛くなったり吐き気がしたりして行けなくなる。

通学!.jpg学校に無理やり行こうと家を出たとしても途中で具合が悪くなり引き返してしまうというような状態になっていきたくても行けないという状態になってしまうのです。

この場合は本人に原因を聞いたところで答えが返ってくるわけではないので分かりません。

このようにタイプによって対処方法が変わってくると思いますので接するときにはまずどういった状態なのかを見極める必要があるのです。

中学受験家庭教師ドクターは、

中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。

これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて

お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。



posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 08:41 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の克服の仕方

学校教育 塾 習い事
不登校の克服の仕方

学校.jpg

不登校の克服の仕方に「否定をしない」ということが挙げられます。
大人から見ると何でもないことでも、10代の子供にとっては自分自身に自信が無いという人が大半だと思います。ですから何気ない言葉でも、他人に自分を否定されたと思うと大人の想像以上に傷ついてしまいがちです。その言葉が親から出ているものだろうが、友達から出ているものだろうが、本人にしてみれば否定的な言葉というのは本当にもろいものだと思います。

10代の人からしてみて傷つく言葉というのは特に外見に関しての言葉かもしれません。例えば「その洋服ちょっと地味じゃない?」「ちょっと太った?」など大人からしてみたらたいしたこと無い言葉でも、敏感に反応してしまうのです。それで傷ついた心は親が「そんなことないよ。大丈夫だよ」と言っても全然効果がないほどです。

また、親と子供の世代では流行しているファッションに関しても考え方が違いますよね。親の世代ではピアスやタトゥーなどはとんでもないと思いますが、子供の世界にしてみたらそれが流行のファッションであり否定されたくないものなのです。
そういうことを真っ先に否定されてしまうと、自分自身を否定されたものだと思ってしまって傷ついてしまったり反抗してしまったりしてしまいます。

親の世代の方が子供のころの事を思い出してみてください。親に反対されてもそのとき流行っていたことってやりたくて仕方なかったですよね。それを反対されたらそんな親の気持ちなんて分かるはずもなかったですよね。

子供世代は自分の価値は本当に分からないので、外見から自信を持とうとしてしまいます。ですからこれに関して不登校になっているのであれば、まずは認めてあげること、否定しないことから初めてみてはいかがでしょうか。

インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」



posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 11:42 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗を繰り返させないことが不登校改善につながる


親は我が子のことを積極的で明るくて勉強でもスポーツでも何でもできて自慢の子供と言うように思いたいものだと思います。ましてや自分の子が不登校になるなどとたぶん考えもしないことだと思います。


しかし、そううまくはいかないものです。位置情報子供は何かに一度失敗してしまうと、少し消極的になり、それが二度、三度と続いてしまうと「もうダメだ」「自分には無理なのだ」と自己否定までいってしまうケースがあるほどデリケートです。

なんだそんなことと思うでしょうが、大人にとってたいしたことがないことでも子供にとったら重大事件になってしまうことも多いのです。傷つく分余計に自己否定してしまいたくなります。

こうなってしまうと、その失敗してしまった事に対してもうやる気も何も起こらなくなり、どうせやっても無駄だからという否定的な考えが生まれてきてしまうのです。

そういった場合は大人が、親が、違った方法を指し示してあげましょう。成功するための方法は一つではないのです。方法を変えればうまくいくかもしれません。

不登校に関することも同じです。一度ダメでも違ったやり方があります。こういう方法もあるよと位置情報アドバイスしてあげるのも大人のやり方です。

時には励まし、時には厳しくして歩むべき道に向かって一緒にやっていくことが大切です。
注意が必要なのは決して同じ失敗は繰り返させないと言うことと、失敗を責めてはいけないと言うことですので心に留めといてください。

食育講座を学ぶならここ

一から始める食育通信講座。

家族の健康は自分が守る。


posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 12:14 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好き勝手させない事が不登校克服につながる

不登校を克服させるのは本当に難しいことだと思います。
しかし、親はどんなことをしてでも子供を守りたいと思うものだと思います。

ルールを押し付けないと言うのももちろん大切ですが、家庭内におけるルールと言うのは子供に好き勝手させないため、子供の将来を願ってのためなど愛情があるからこそのルール設定なのだと思います。
通学路JPG
ルールと言うのは厳しすぎても反発してしまうし、ゆるすぎても親の言うことなど聞かなくてもいいという甘えが生じてしまいます。ですから適度にルールが必要ということになります。

ルールがなく、好き勝手、自分勝手に育った子供は相手の気持ちと言うのがわからない子供になってしまいます。不登校も別に好きでやっているのだから文句を言うなみたいな感じになってしまうかもしれません。親の愛情が伝わらなくなってしまうのです。

ルールがある程度ある家庭で育ち、不登校になってしまった場合などは、親の愛情を聞き入れることも可能だと思いますし、突破口も見つかりやすいのではないかと思います。

そのためにも最低限のルールと言うのは必要なのです。

とは言ってもこれだけではなかなか不登校を克服することは難しいと思います。そういった場合は不登校を支援するサポート校という場所がありますので、そこでリハビリがてらに学ばせていくのもいい方法だと思います。

ただし、このサポート校と言うのは卒業の資格までは取得することが難しいので、他に通信や定時制など資格が取得できる機関に所属する必要があるのです。


インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」



posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 18:53 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の子供に接する場合



不登校の子供に接するときにまず注意しなければならないのが、その子供が学校に行きたくなくて不登校になっているのか、学校に行けなくて不登校になっているのか、今の状況を見極めることだと思います。

例えば、子供本人が学校に行きたくないという意思を伝えている場合は、本人の中で不登校の原因というのがある程度見えている場合に発せられる言葉だと思います。
だからと言ってすぐにその原因を打ち明けてくれるかというのは分かりません。いじめなど言いたくない問題の場合もありますから。

いじめというのは本当に難しい問題で、自分がいじめられているということは人にはかなり言いたくない事みたいなのです。

一人で抱え込んでしまうケースも多く、最悪の場合は自殺してしまうというケースもここ数年で何件も起きています。
自殺して初めて親は子供がいじめにあっていたという事実を遺書か日記などで知ることになるということなのです。

次に学校に行けないと言っている場合ですが、前の日の夜までは学校にいくつもりで支度などをしているのですが、当日朝になると頭が痛くなったり吐き気がしたりして行けなくなる。

通学!.jpg学校に無理やり行こうと家を出たとしても途中で具合が悪くなり引き返してしまうというような状態になっていきたくても行けないという状態になってしまうのです。

この場合は本人に原因を聞いたところで答えが返ってくるわけではないので分かりません。

このようにタイプによって対処方法が変わってくると思いますので接するときにはまずどういった状態なのかを見極める必要があるのです。

中学受験家庭教師ドクターは、

中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。

これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて

お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。




posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 05:56 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校教育 不登校克服する方法

不登校の克服法


不登校を克服するための方法はいろいろあると思いますが、その中でも子供にルールを押し付けてしまわないことというのが挙げられます。

大人の世界は家庭でも仕事でも社会でも、ルールと言うのが存在し、それを無意識に守っていることで成り立っている世界です。これはある意味当然のこととして大人たちは受け入れています。

そのルールを大人はどうしても子供に学校でも家庭でも押し付けてしまいがちになります。ルールを守らない子供を理解できないということが理由ではないかと思います。
通学!.jpg
本当に赤ちゃんのときは親が言っていることに従いますので「いいこね?」などと誉めてあげますが、ちょっと大きくなってくると、ルールを守らなくなってきて親が言うことに耳を貸さなくなってきます。

それを直そうと親が必死になればなるほど子供は抜け道を探して結局は言うことを聞かないのです。

ですから大人はこのことに対して焦ってはいけないのです。成長の過程において言うことを聞かないと言うのは自分自身で生きていこうとする自然な姿なのです。

ですから絶対的にルールを守らせようとするのではなく、ありのままの姿を大人が受け入れるようにすることが大切なのです。

押さえつければ押さえつけるほど子供は反発してしまい余計に言うことを聞かなくなってしまいます。

子供は反発しながら成長していくものだと親側が認識をして、不登校の場合もただただ「行け」と言うのではなく、事実を受け止めた上で対応策を考えていくようにすることが大切なことだと思います。





posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 05:03 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校を克服させるためにはプレッシャーを与えないようにする

15.jpg

子供の不登校を克服させる方法として、子供にプレッシャーを与えないようにすることが大切であると言えます。

大人も子供も現代社会では何かしらのプレッシャーを受けて生きています。それが重いものだと1回プレッシャーをもらっただけで参ってしまうし、軽いプレッシャーを受け続けると言うのも参ってしまいます。

特に子供にとってプレッシャーと言うのは慣れているものではないので、大人がたいしたことないと思っても子供にとっては重圧であったりします。
ですから必要以上にプレッシャーを与えられると逃げ場を失いもっと大変な状況に陥ってしまうかもしれないのです。

子供がプレッシャーを何かしら受けていると感じたときは、その対処方法を教えてあげる必要があると思います。そのためには大人が子供の異変に気付いてあげる努力や対処方法の知識などをきちんと身につけておかないといけないのではないかと思います。

多分行って聞かせてもそれもプレッシャーに感じる人はいるかもしれないし、できれば態度でしめしてあげるのがいいとは思うのですが、なかなか難しいですよね。

それが難しい場合は、環境を変えた上で学ばせてあげることも大切だと思います。
サポートしてくれる場所と言うのもあり、そういうところだと経験も豊富に子供にとってもいいと思います。

そうやって徐々に不登校などを克服してあげるのがいいのではないかと思います。大事なのはプレッシャーをかけないと言うことなのです。



参考記事リンク⇒きょういく改革はなぜ失敗したのか







posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 20:57 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の子供に接する場合

不登校の子供に接するときにまず注意しなければならないのが、その子供が学校に行きたくなくて不登校になっているのか、学校に行けなくて不登校になっているのか、今の状況を見極めることだと思います。

例えば、子供本人が学校に行きたくないという意思を伝えている場合は、本人の中で不登校の原因というのがある程度見えている場合に発せられる言葉だと思います。
だからと言ってすぐにその原因を打ち明けてくれるかというのは分かりません。いじめなど言いたくない問題の場合もありますから。

いじめというのは本当に難しい問題で、自分がいじめられているということは人にはかなり言いたくない事みたいなのです。
一人で抱え込んでしまうケースも多く、最悪の場合は自殺してしまうというケースもここ数年で何件も起きています。
自殺して初めて親は子供がいじめにあっていたという事実を遺書か日記などで知ることになるということなのです。

次に学校に行けないと言っている場合ですが、前の日の夜までは学校にいくつもりで支度などをしているのですが、当日朝になると頭が痛くなったり吐き気がしたりして行けなくなる。

通学!.jpg学校に無理やり行こうと家を出たとしても途中で具合が悪くなり引き返してしまうというような状態になっていきたくても行けないという状態になってしまうのです。

この場合は本人に原因を聞いたところで答えが返ってくるわけではないので分かりません。

このようにタイプによって対処方法が変わってくると思いますので接するときにはまずどういった状態なのかを見極める必要があるのです。

中学受験家庭教師ドクターは、

中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。

これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて

お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。




posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 22:09 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭生活における不登校の原因

 不登校になってしまう原因として家庭生活における原因と言うのが挙げられます。

ではどういった問題が不登校のきっかけになってしまうかと言うと、例えば、家庭環境が急に変わってしまうと言うことが挙げられます。どういうことかと言うと、両親が離婚して環境が変わってしまったとか、親がリストラにあって生活環境が急に変わってしまったがあると思います。
15.jpg

離婚やリストラなんかは今の世の中珍しいことでは決してありませんが、当の親自体が精神的に余裕とかなくなってしまうのに、子供はもっと余裕が無くなり、どう対応していいかわからなくなり自分の殻にとじ込もってしまうケースも少なくはないのです。それが不登校の原因になってしまう可能性はすごくあると思います。

次に挙げられるのが子供と親の関係性についてです。
母親が教育ママだったり、父親の期待に答えなければならなかったり、父親が仕事ばかりで家庭を顧みず、全く子供に興味がないと言ったケースです。
こうなると子供はなんのために自分がいるのかとか、反発してしまいたくなったりとかして学校に行きたくなくなってしまいます。

最後には家庭内が不和状態にあるということです。家庭内で両親がケンカばかりしていつでも暗い雰囲気、いづらい雰囲気だとすると子供は将来に希望が持てなくなったりして学校に行く意味を見いだせなくなってしまいます。

こういう家庭内に起きた出来事でも不登校になってしまう原因になってしまう可能性があるのです。


関連リンク⇒教育改革はなぜ破綻したのか



今日の良かった出来事
posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 14:41 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校が過去最大に

政府が21日に発表した平成20年版の「青少年白書」によると、一方、白書は全国の中学生に占める不登校の割合は19年度は2.91%と前年度から0.05%上昇し、過去最大になることがわかった。
年間30日以上学校を欠席する生徒を「不登校」と定義し、中学校は19年度が10万5328人となり、過去最大になった。一方で、小学校の不登校児は
2万3926人で、不登校児の割合は近年は横ばい状態が続いている。


19年度のフリーターの総数はおおよそ181万人で、ピークである平成15年の217万にをピークに4年連続で減少している。しかし、若者のフリーターの総数は減っているものの、25歳から34歳までの年長者層では減少幅が少なく、フリーターの固定化が進んでいるものと見ている。
また、25歳〜34歳の年長層は6万人減にとどまった。
政府が発表した追加経済対策に、年長者フリーターらを正社員として採用した企業に助成金を支給する制度を盛り込むなど、安定雇用確保に力を入れる方針だ。


posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 08:15 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院| |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。