元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 | 学習障害 | 不登校 | ニート |

ニートと引きこもり

ニートと引きこもり
学びの細道 学校教育 塾 習い事

宮本亜門の バタアシ人生 ―自殺未遂・引きこもり・対人恐怖症・・・すべて経験済み 居場所を見つけた11人の生き方のコツ話

宮本亜門の バタアシ人生 ―自殺未遂・引きこもり・対人恐怖症・・・すべて経験済み 居場所を見つけた11人の生き方のコツ話

  • 作者: 宮本 亜門 (みやもと あもん)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ニートとともに社会問題となっているのが引きこもりです。
引きこもりとはある一定の期間を超えて、社会に出ることがない状態をいいます。健康上に何も問題がないのに仕事や学校にいかず、毎日家庭の中だけで過ごし、家族以外の人と接触することが出来ないのです。
家族でさえ必要な時にしか関わらないという場合もあります。ひどい場合には自分の部屋からほとんど出ない人もいます。また、その期間は半年ほどから10年以上の長期間にわたる人もいると言われます。
健康なのに社会に参加しないという点でニートと引きこもりは似ているため、同類のものと捉えている人もいるようですが、実際には根本的に違う問題を抱えています。
ニートは就業や就学の意欲がありません、これに対し、引きこもりは仕事や学校に行きたいが行けないのです。
意欲があるのに出来ない、なんとかしたいのに出来ないという状態で、1つの精神疾患とも考えられています。このようにニートと引きこもりとを比べると、引きこもりの方が問題は深刻です。
また引きこもっているだけに実態を正確に掴むことが難しいのです。
現在、引きこもりやニートの増加が社会問題となっています。
引きこもりは不登校につながり、本人の将来に大きな影響を与えます。ニートもまた自立する力を養う機会を逃してしまいます。
ニートや引きこもりの周囲にいる人は、彼らが1日も早く社会復帰できるように支援することが求められますが、その方法は容易に見つからないのが実情です。

すぐれた脳に育てる―手と指の実践トレーニング33

すぐれた脳に育てる―手と指の実践トレーニング33

  • 作者: 久保田 競
  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本



posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 05:46 | Comment(0) | ニート・ひきこもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院| |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。