元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 | 学習障害 | 不登校 | ニート |

子どもの進路と通信衛星

子どもの進路と通信衛星
学びの細道 学校教育 塾 習い事

通信衛星と利用して授業を配信するという事は1988年の4月に河合塾が一番初めに開始しました。
その後に次いで代々木ゼミナール、東進ハイスクール、駿台と名乗り出てきました。
通信衛星授業のメリットは何と言っても、各予備校共に人気講師の授業内容を配信することに繋がりがあります。
人気講師の授業を受けることの出来ない地方の受験生も受講できるのはメリットになります。
やはり人気講師の授業内容は人気があるだけのことはあります。
人気の講師も子どもの進路を思う親には重要な所です。
説明も丁寧で講師として実力があります。
合格する為には人気講師の授業を受けたい人は地方の田舎塾でも受講することが出来ます。
全国の塾で首都圏と同じ質の授業を、通信衛星授業を通して受けることが出来るのです。
こういった現実から通信衛星授業を配信希望する地方塾や予備校が増加しています。
また、生徒の都合に合わせて個別ブース等で受講できるように授業を一旦DVDに落として利用している塾、予備校があります。
現役高校生には部活動や学校行事もあります。
なかなか自由がない生徒にとっては便利だと子どもの進路を考える親も考えています。
もちろんメリットだけではありません。デメリットもあります。
教室には講師がいませんので、緊張感がありません。
結局はやる気の無い人も出てきますので、居眠りなど・・・教室には職員やアルバイトがいます。
塾によっては講師がいる事もありますが、結局はただいるだけというケースになってしまっているのが現状の様です。
次に、代々木ゼミナールの様に実際の授業を中継しているというと、ノートを取れないうちに画面が変わってしまうこともあります。
チョークの色も区別が付きにくいので、苦労しています。
ただ最近はそんな問題点を改善する策もきちんと設けられているようです。
最後のデメリットは質問に関してです。授業中の質問に関してすぐに解決できません。
FAXを送ったりして場合によっては1週間程待たないとならないケースもあります。
なので、生授業のみ扱っている予備校からすれば、やり難いというイメージしかないのでしょう。
そういった問題から最近では、地元の大学生のアルバイトを雇って生徒と同じ授業を受けてもらい、その際、生徒からの質問に答えてもらうなどの対策もあがっています。
デメリットを考えると子どもの進路を考えている親からは疑問も多いでしょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 18:07 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院| |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。