元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 | 学習障害 | 不登校 | ニート |

世界トップの学力 フィンランド方式

学校教育 塾 習い事 世界の学力
世界トップの学力 フィンランド学習法

日本の子供の学力低下が叫ばれて久しい。
そんな中で、世界トップクラスの学力を生み出すフィンランドの学習方式にいま、注目を集めている。
「フィンランド方式」という独自の学習方法は、読書法や作文の書き方、算数ドリルといった、学習関連本が相次いで出版されている。
教育関係者ばかりでなく、一般の家庭でも普及し始めた。
日本は知識埋め込み型の学習方式から脱却しようとしているさなか、自ら問題を発見して、考える力を育て身につけるフィンランド方式は大いにの参考になりそうだ。
 


OECD(経済協力開発機構)の学習到達度調査(2006年、15歳対象)によると、フィンランドは
≫「数学的応用力」2位(日本10位)
≫「科学的応用力」1位(日本6位)
≫「読解力」2位(日本15位)

と調査対象のすべてでトップクラス。
一方、日本は、読解力が不足している事に加え、初めて目にする問題にたいし、知識を応用して解くことが苦手なことがわかった。

昨秋に発刊された「フィンランドの教育力」「リッカ先生のたのしい算数」の著者で、現在東京在住でフィンランドで10年間、小学校の教師をしていたリッカ・バッカラさんは、祖国の教育について「フィンランドは母国語をとても大切にしている。新聞や本をよく読み、家族でいろいろな社会問題を語り合う機会が多いのです」と説明する。
また、小学校教師時代のバッカラさんは、
「勉強は強制ではなく、楽しんで身につけるもの。そのためには、教師も子供のレベルに合わせて様々の方面から教えられるようトレーニングを怠りません」と語る。

読解力を養い、国際社会で通用するコミュニケーション能力を高める訓練法としても、フィンランド方式の学習法は有効だとされる。
3年前、いち早くフィンランド学習法の手法を参考にして、コミュニケーション能力を養成しようと、平成17年に発刊された「フィンランド・メソッド」は累計で30万部を売り上げた。
しかし、編集担当者は、現地には「フィンランド・メソッド」と呼ばれるような独特な教育法はなく、普段の生活から生きる力を身につけられるように、自分で考え、理由をはっきりさせて相手にわかりやすく伝えることを習慣化させている」と説明する。
日本で、こうしたフィンランド方式学習法が定着するか、一時的なブームで終わるかは、日本人の学び、学ばせる意識しだいと言えそうだ。


最年少!世界的ブロゴルファー石川遼くんも学んだ・・
【世界の学力の最新記事】
posted by 学びの細道 学校教育 塾 習い事 at 10:57 | Comment(0) | 世界の学力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院| |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。